血圧を測定される患者
  • ホーム
  • 脳卒中予防にミカルディス服用時はカフェインを避ける

脳卒中予防にミカルディス服用時はカフェインを避ける

血圧測定器

ミカルディスは血圧を上昇させる働きを持つアンジオテンシンIIの働きを制して、血管の収縮を抑えることができずいぶにゃ電解質の作用を整えて血圧を低下させる効果がある薬です。
心臓や腎臓の負担を軽減することができることから、様々な病気を患っている方が処方を受けています。
またミカルディスは高血圧治療に用いられるアンジオテンシンII受容体拮抗薬でもあり降圧剤でもあります。

ミカルディスを服用することによって、血圧を上昇させる原因となる物質であるアンジオテンシンIIを阻害して血圧の上昇を抑えることができるため、血管平滑筋が緩るみナトリウムの排泄が促進されることで血圧を下げます。
ミカルディスは他の降圧剤と比べると排泄経路に特徴があり、肝臓を介すことなく胆汁から100%成分を排出します。
そのため血圧に関わる心不全などと言った心臓病だけではなく糖尿病などと言った肝臓に負担をかけたくないと言う症状を持つ人にも用いやすい薬です。
ミカルディスの特徴にはその他にも作用持続時間の長さがあげられます。
1日1回の服用でその効果は24時間持続し、高血圧症で脳心血管病が多く発症する早朝などにも血圧を調整することができるとされています。

また心臓や血管、腎臓などを保護する作用とともに血統を下がる効果もあり、それによって脳卒中の予防や血管内皮障害の予防、糖尿病の予防や改善にも効果があるとされています。
ミカルディスの服用は1日1回水もしくはぬるめのお湯で服用するようにします。
お茶やコーヒーなどで服用してしまうとミカルディスは降圧剤であるためお茶などに含まれるカフェインとの相性が悪いためよくない症状を引き起こしてしまうことがあります。
カフェインを含むものでの服用は避けるようにしましょう。