血圧を測定される患者
  • ホーム
  • ミカルディスを服用したらグレープフルーツはだめ?

ミカルディスを服用したらグレープフルーツはだめ?

電子血圧測定器

高血圧治療においては血圧を下げるために降圧剤を使用するというのが一般的です。
それによって血管や心臓、腎臓といった臓器への負担が軽減されることになり、合併症として知られる動脈硬化や心不全、腎不全などを予防していくことができるからです。
高血圧自体は重症にならないかぎりはなかなか自覚症状が伴わないものの、こういった合併症のリスクが高いのが大きな懸念材料となる疾患として知られるようになっています。

その際に使用される降圧剤にも多様なものがありますが、近年よく使用されるようになってきているものにミカルディスがあります。
ミカルディスは臓器保護作用があることが知られており、高血圧において負担がかかりやすい血管や心臓、腎臓を保護してくれることによって合併症のリスクを低減させることができるとして利用頻度が高まってきているのです。
他の降圧剤からの切り替えを行う場合もしばしばあり、降圧剤についてある程度の経験がある人だと気にかかりがちなことが一つあります。
それはグレープフルーツジュースを飲めるかということです。
降圧剤の種類としてカルシウム拮抗薬に分類されるものはグレープフルーツジュースを飲むと肝臓において行われる分解が抑制されてしまうために、血液中の薬の濃度が高まってしまって低血圧などの副作用を生じやすいことが知られているからです。

しかし、ミカルディスはカルシウム拮抗薬とは異なって肝臓では代謝されないことからグレープフルーツをとることに特に問題がありません。
もしカルシウム拮抗薬を処方されていて、グレープフルーツ好きであればミカルディスへの切り替えを相談するというのも賢い方法でしょう。
薬によってこういった特性は異なるのです。