血圧を測定される患者
薬と瓶と葉

ミカルディスは高血圧治療薬として高い注目を浴びているものであり、臨床現場においては頻繁に用いられるようになってきました。
特に糖尿病の患者や糖尿病のリスクがある患者の場合には第一選択薬として使用されることが多くなっています。
ミカルディスは腎臓のレニンーアンジオテンシン系においてアンジオテンシン受容体を阻害することによって降圧作用を示すアンジオテンシン受容体阻害薬に分類される降圧剤です。
しかし、その効果はそれだけではないことが明らかになっており、脂肪細胞に働きかけてアディポネクチンを分泌させ、脂肪代謝を促進する効果や、インスリン抵抗性の改善を示す効果が知られるようになっています。
そのため、糖尿病の改善や予防に大きな寄与を示すものとして期待されています。

ミカルディスの正しい飲み方は医師の指示に従うことが大切です。
基本となるのは一日一回40mgを経口服用するというものになりますが、必要な降圧効果の強さは患者によって異なるため、随時血圧管理を行いながら、一日一回20mgの経口服用から始めて最大80mgまでの増量を行って適切な投与量が定められます。
その指示にしたがって一日一回服用することが大切です。
その副作用として重いものはあまり起こりませんが、血圧が下がりすぎてしまうことによってめまいや頭痛、体のだるさなどを感じることがよくあります。
特にそういった症状を感じやすい場合には血圧を測定して下がりすぎてしまっていないかどうかを確認することが大切です。
もし、ミカルディスが効きすぎて血圧低下が副作用として生じている場合には減量が必要になる可能性が高く、医師に相談して投与量を再設定することが重要になります。